みどりのほし

趣味をメインに多くのジャンルを浅く広く書きます。

ダーツ上達方法!苦手ナンバー克服方法、左右のずれは左足で合わせる。

上達する壁のひとつとして苦手ナンバーがあるという人がいるのではないでしょうか?苦手ナンバーの克服には練習あるのみと言われていますし、私自身もそうだと思っています。ですが、ただ投げるだけでは凄く時間がかかってきます。苦手ナンバーを克服するには、体の使い方が重要です。

 

苦手ナンバーの克服、体の使い方

f:id:hirumahha:20190420151450j:plain

苦手ナンバーを克服するためには横ずれを減らすことが大切です。これはBULLに投げるときも同様で、しっかりとしたフォームで投げることで横ずれを減らし、アベレージアップと苦手ナンバーの克服をしていきましょう。

 

 体に無理をさせない

苦手ナンバーの克服にはあまり関係ないように感じる人もいるかもしれませんが、とても大切なことです。

              

BULLに投げるときにどこに投げている?

ナンバーに絞らずブルに投げるときにどのような体の使い方で投げているのかを知ることがダーツ自体の実力向上に繋がります。

まずは、スローラインに立ってBULLにセットアップしてみてください。そこから目を瞑って体が楽なように投げてみてください。すると左右にずれてしまうのではないでしょうか?これが本来飛んでいく場所で、実際に投げる時には、無意識に体で調整して投げていることになります。もちろん無意識で調整できるということは悪いことではありません。ですが、目を瞑ってもブルに行くような体の使い方を覚えると無理の無いフォームが身につきます。

 

目を瞑って投げるコツ

目を瞑って投げるコツについての話です。ここで大切なポイントは、上半身でのコントロールは難しいということです。実際にやってみるとわかると思うのですが、上半身特に腕や肩でコントロールしようとするとスムーズな動きにならないことがあります。ですので、立つ位置を左右に動かしたり、セットアップの位置を動かさずに体の向きを変えたりして極力上半身に頼らず左右をあわせることが大切です。

 

 苦手ナンバーの克服

苦手な場所がある理由はさまざまです。左右にずれてしまう人や、上下にずれてしまう人、理由は分からないけど入らないという人、たくさんいると思います。ですがひとつの解決策を提示したいと思います。

 

苦手な場所に投げるだけでは時間がかかる。

皆さんは今までBULLに何回投げてきましたか?それと同じぐらい苦手ナンバーを練習すれば上達すると思います。プロ選手を目指しているのであれば苦手ナンバーにかかわらずすべてでやる必要がありますが、趣味として上達を目指したい人は、すべてのナンバーでそれをやっていては時間が足りずにかえって上達が遅くなってしまう場合があります。コツを身につけて内容のある練習をして上達していきましょう。

 

なぜ苦手ナンバーがあるのか

上記にある体が楽なように投げるということをふまえて書いていきます。

ここでのポイントも上半身ではコントロールできないということです。よく言われているのはBULLに投げるフォームをそのまま左右上下にずらすと投げたいところに投げられるということですね。ですがこれは間違いだと考えています。なぜなら、上半身だけを動かすのでは自分のフォームのバランスが崩れてしまうからです。

少ししかバランスが崩れていないので、いつも通りに投げているのにうまくいかないと理由に気づかない人が多くいます。ダーツにおいてはその少しのずれが大きなずれを生んでしまいます。

 

克服のための体の使い方

上半身ではコントロールできないので必要なのは下半身です。下半身といってもいろいろありますが、足の向きについて書きます。特に体の向きを調節するには左足が大切です。

左足のつま先をダーツボードと反対の向き(後ろ)に向けると両肩の向きがダーツボードと垂直にちかくなります。逆にボード側(正面)に向けるとダーツボードと平行にちかくなります。これは左足の位置に関係なく向きだけで調節できます。

これを使って投げることで上記のBULLに目を瞑って投げるというのも少し近くに行くのではないでしょうか。さらにこれを使うことで特定の場所を狙う際に今までのように上半身をターゲットに向けると同時に左足の向きでバランスを調整することで普段の練習している本来のフォームに近づけて投げることができます。

 

練習方法

今回は左右のずれについての記事ですので左右のずれに対する練習方法です。

やることはとても簡単で、6ダプル、11ダブルを交互に投げるということです。これにもコツはあります。左右の足の向きを固定せずに、動かしながら投げると投げやすいです。右利きの場合、11ダブルに投げる時はスローラインと平行に右足を置き、6ダブルに投げるときは右足をスローラインに30°ぐらい傾けて投げるなど足を固定しないことで体のバランスが保たれます。(左足も同様)

 

 

今回は文字だけで少し分かりにくい記事になってしまいましたが、イメージして試していただけると嬉しいです。後日機会があれば動画や写真を使ってもう少し分かりやすくしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

  ダーツ用品の購入はこちらから    

全国店舗数No.1ダーツショップ
ダーツショップTiTO WEB本店